悪玉記憶よりも善玉記憶を増やし、記憶のシェアを善玉で占めること


記憶には、善玉と悪玉があります。

善玉記憶は、増やそうと努めなければ、どんどん減っていきます。

悪玉記憶は、増やそうと努めなくても、どんどん増えていきます。


なぜなら、人には防衛本能があるタメ、

まーた同じ嫌な思いをした時、ショックを受けないよう、身構えようとします。

身構えること自体が、思い出すきっかけになってしまいます。

なので、イヤな記憶ほど覚えています。

だから、悪玉記憶は増えやすいワケ。




一方の善玉記憶に、防衛本能は働きませんから、次から次へと忘れていきます。

なので、いい記憶ほど忘れてしまいます。だから、善玉記憶が減りやすいワケ。


防衛本能ある限り、悪玉記憶を減らすことは出来ません、

ですから、悪玉記憶よりも、善玉記憶を増やし、記憶の市場シェアを、善玉で占めることです。


それには、いやな記憶を思い出してしまったら、いい記憶を思い出すこと。

いい記憶を、新しく作ること。

いい記憶を増やすには、楽しいもの、嬉しいもの、美しいもの、ときめくものを見聞きすること。

悪いように解釈するのではなく、善いように解釈することです。

END