忘れてしまったら無かったも同然になること「忘れてしまえば無きも同然」

忘れてしまえば無きも同然

夜、寝つかれずにフッと、顔から火が出そうになるくらい恥ずかしい思い出や、怒りに、眠気がスッ飛んで、ますます眠れなくなったコトって、ありませんか?


就寝前のみならず、見ているテレビから連想してしまったり、歌を聴いていて、暗い気持ちになったり、誰かの話に落ち込んだりしたことが一度ならずあるはず。

でも、それって、覚えているのは、あなたダケじゃありませんか?


もしも、覚えているのが、あなたダケだとしたら、あなたが忘れてしまったら、無かったも同然ですよね。

だったら、忘れてしまうことです。

あなたさえ忘れてしまえば、無かったことになるのですから。




「いいや、周りも見ていた。覚えているのは、自分だけじゃない」

としても、人は、自分に都合の良いように記憶しますから、たとえば、


Bさん「あ、大きな犬だ」

Aさん「犬といえば、この額の傷は、子供の頃、同級生の女の子を犬から守ろうとして、ついた傷なんだ」

Bさん「へ~、Aさんって、白馬の騎士なんだね」

Aさん「まあね。今でも僕のことを覚えていたら、きっと、感謝しているだろう」


(遠く離れた某所にて)


Dさん「あ、大きな犬だ」

Cさん「犬といえば、子供の頃、ドンくさい同級生がいてネ~」

Dさん「どういう風にドンくさかったの?」

Cさん「学校帰りに、大きな犬に吠えられてネ」

Dさん「それで?」

Cさん「逃げようって、私の手をつかんで引っ張ったまま、転んじゃってネ」

Dさん「へえ」

Cさん「彼は、おでこを打って、私は、ひざをすりむいちゃって」

Dさん「あらマ~」

Cさん「あいつのせいで、ひざに消えないアザが付いたの。あンのガキャ~」


ま(笑)、こんなモンですって。

あなた(Cさん)が、あいつのことを覚えていたとしても、

「あンのガキャ~」

と覚えているぶん、気分的に損しますって(笑)

だから、忘れてしまうことです。

忘れてしまえば、無きも同然なんですから。

ちなみに、

「忘れてしまえば無きも同然」

ということわざは、ありません(笑)、筆者の創作です。

END


この記事を誰かにも読ませてあげませんか?これで今日もプラスのストロークを一回♪