ほめる技術「褒め力」は質よりも量で高まる!叱る回数以上にほめよう

ほめる技術「褒め力」は質よりも量で高まる!叱る回数以上にほめよう
今回のテーマは「ほめる力/ちから」
略して「褒めリョク」

芸能界を引退した島田紳助さんが昔、

「ワシ、ほめられて伸びるタイプやねん」
とテレビで言っていました。

みんな、そうなんですね。

というより、バカだぁダメだぁ言われて伸びるのは、天才だけでしょう。

天賦の才がある人は、ほめられる力(天より授かった才能)を持っていますから、誰が指導しても、伸びます。
ということは、ほめられる力を持っていない大多数の一般人へ、ほめられる力を付けてあげることが、上に立つ人の役割。

ほめられ力です。

では、どうやって、ほめられる力を付ければいいかというと、それが、ほめる力です。

ほめる力とは?

何回ほめてあげられるか?の回数

です。

昨日、今日、誰かを、何かを、自分を、何回ほめましたか?

その回数が、ほめる力です。

質は関係ありません、数

です。ゼロ回なら、ほめる力=ゼロ。

10なら、ほめる力=10という単純な話。

ただし、ほめて伸ばすということではありませんよ?

ここがダメだから、こうするようにと指導しなければならないこともあります。

それを試させてみて、まず試したこと自体をほめる。それができるかどうか?ということです。
ダメ出し1回、ほめて1回で、プラスマイナスゼロですからね。

叱ったり、怒ったりする回数以上に、ほめる!

それが、ほめる力です。


END