このホームページが本になりました


Yahoo!ブックストアで立ち読み

【アマゾン.comのデータより】

ASIN: B00CIPN1TM
ファイルサイズ: 901 KB
フォーマット: Kindle版
500円

【内容紹介】

「どうして人間関係に悩むのか?」

幸せになるのってカンタンなんです。


1日1回、すこし喜ぶだけ。

1日1回、ちょっと笑うだけ。

1日1回、ささやかに楽しむだけ。

1日1回、なんでもいいから「よかった」と思うだけ。

精神療法として生まれ、精神医学や心理学といった学術領域として発展してきたストローク理論に、
マーケティング理論を付加して、普通に暮らす人のための言動論へ展開させたのが「ストロークコミュニケーション」です。

実行すれば、驚くほどカンタンに、あなたの人間関係は好転していくことでしょう。

今すぐ使える、職場の人間関係を良くする10の法則を含む、ストロークコミュニケーション解説書の決定版!


【目次】

第1章 どうして人間関係に悩むのか?

◆幸せになるための動きかた

◆ストローク・コミュニケーション
◇プラスのストロークとは?
◇マイナスのストロークとは?

◆前向き思考になるために

◆たった今からできること

《第1章まとめQ&A》

第2章 ハッピーを呼び寄せる3つの心がけ

◆第一の心がけ 嬉しくなる言動を投げかけよう
◇無条件に自分を褒める
◇自分と誰かを褒め慣れる
◇自分で自分を喜ばせる
◇声に出して自分を褒める
◇その人の存在を認める
◇その人の言葉や行動を認める
◇その人が持つ真価(強み)を認める
◇自分の真価(強み)を見つける
◇条件つきで認める
◇付加価値を認める

◆第二の心がけ マイナスのストロークを封じよう
◇不平・不満な言動を封じる
◇恨んだり呪ったりしない
◇叱ると怒るの違い

◆第三の心がけ あなたのよいように受け答えよう
◇気持ちを明るく輝かせる
◇今の価値観とは別の価値観も認める
◇感情的な否定には感情を抑えて対応する
◇自分なりに考えてみよう
◇確認して確信するから自信が持てる
◇他人の視点で考える
◇つらいことを逆に受け取る
◇してあげたことは忘れる
◇許される心がけ

《第2章まとめQ&A》

第3章 人を動かす4つのS

◆人を動かす4つめのS

◆人を動かす唯一の原則「理感一致の原則」

◆日時を指定して人を動かす「デッドライン・エフェクト」

◆名前を呼んで人を動かす「パーソナリゼーション」

◆動き方を教えて人を動かす「アクションコール」

《第3章まとめQ&A》

第4章 職場の人間関係をよくする10の法則

◆不満で当たり前

[職場の人間関係を良くする法則]
◇相手の考え方を認める
◇他人とは考え方が異なることを知る
◇見ざる、言わざる、書かざる、動かざる
◇争わないようにする
◇不満人の仲間に入らない
◇叱るときに2つ否定したら、8つ肯定する
◇胸の内を独白して気づかせる
◇不満や嫌な言葉を逆に受け取る、へそまがり発想
◇心の預金通帳に、満足を貯める
◇エコヒイキされて得する

《第4章まとめQ&A》

小笠原昭治の本や雑誌記事