人は理論と感情の一致で動く「理感一致の法則」

やらせて褒める
名君の誉れ高き上杉鷹山(米沢藩第九代藩主)は、人を動かす方法について、

「してみせて、言ってきかせて、させてみよ」

と説きました。

  • やって見せる[垂範]
  • やり方を教える[指導]
  • やらせる[試行]

垂範 ・指導・試行の三段階で人は動くという訓えです。



これを素にしたといわれる山本五十六(連合艦隊司令長官)の名言、

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

は、上杉鷹山の訓えに、

ほめてやる[Stroke:ストローク]

を付加して、

「締めくくりに褒めることで、人は動く」

と説きました。
上杉鷹山の
「見本を示して、教えて、試させる」
という理詰めに、

ほめて嬉しがらせるという感情論を加えた、人を動かす方法

です。
上杉鷹山は理詰めです。が、理屈だけでは人は動きません。褒めることで感情が刺激され、人は動き出すというわけです。

■理論と感情が一致した状態の「理感一致」で人は動く

そもそも、3S(垂範・指導・施行)は、

  • 初体験の段階か、
  • ステップアップの段階

にある相手へ対する指導法ですから、試していきなり100点満点で成し遂げられるのは天賦の才があるといってよく、これから伸びていくほとんどの教え子が

  • 「まあまあ」か、
  • 「全然ダメ」

である場合が多いでしょう。

その結果を「ダメだ」と否定するのは誰でもできます。

しかし、褒めるというプラスのストロークなくして真っ先に酷評するのは大きな間違い。

結果はともあれ、まずは「よくやった」と、試行自体を褒めたほうが、もう一度やり直すときの励みになります。

つまり、何かをやらせてみた結果の良し悪しを評価するのは二の次で、まずは最初に、

「よくやった」と褒めるのが先。

褒めた後に評価を下す。
これが、 ほめてやらねば「人は動かじ」ということです。

そりゃあ確かに、結果が悪い責任は本人にあります。

が!

試させた責任は誰にあるかというと、試させた指導者にもある

わけで、その結果を「ダメ」と否定するのは、試させた指導者本人の責任を糾弾するも同じこと。

自分で「自分は指導力が無い」といっているようなもの

です。だから先ずは、試した本人に対して、「よくやった」と誉める。
それが、試させた自分の指導力をも褒めるインターナル・ストロークになります。

相手と自分へのダブル・ストローク(Double-Stroke)です。

山本五十六は、日露戦争や真珠湾攻撃といった歴史的な修羅場の中から、誰に教わるともなく、4段階目が必要だったことを会得したのでしょう。





また、
「ほめてやらねば人は動かじ」
を逆説すると、

「ほめてやれば人は動く」

になります。
あなたが人を動かしたかったら、その結果を云々いうより先に、やってみた事実を褒めてあげて下さい。

何も難しい話じゃありません。チャレンジを促し、チャレンジし終えた作業にたいして、
「よくやった」
と、たった一言、声をかけるダケのことです。
一秒で済みます。一円もかかりません。

失敗の原因を検証するのは、それからでも充分に間に合う

と思いませんか?
ストロークという心理学が生まれる前に戦死した軍人は、「理論と感情が一致したときの“理感一致”で人は動く」と教えてくれていたのです。

■人を動かす唯一の原則「やって見せる」

上杉鷹山と山本五十六は、人を動かす唯一の原則についても教えてくれています。それは先ず、やって見せること。

何より先に、あなた自身が動くことです。

たとえ完璧な見本でなくとも構いません。
「こういう風にやるんだよ?」
と手順を見せるだけでよいのです。

その動きを見て、周りの人達も「よし、やってみよう」と動き出します

から、逆にいうと、言うだけ言って動かない口先(くちさき)人間のあとに続く人は少数ということです。

人を動かすには、あなたを動かすこと。

あなたを動かすためには、あなた自身へプラスをストロークすること。(インターナル・ストローク)

そして、周囲へ向かって「さあ、やってみよう」と、プラスをストロークすることです。(エクスターナル・ストローク)

インターナルとエクスターナル、どちらのプラスのストロークでも構いませんので、毎日毎日、意識してストロークしてみて下さい。

そうすれば、あなたが変わります。あなたが変われば、周りが変わります。

周りが変われば、あなたが変わります。