足るを知る者は富む。持たずに満足できる知恵や工夫があるかどうか?

足るを知る者は富む

ことわざは、地球上に生きた何千、何億兆人もの体験が、教訓や知恵を含んだ短い言葉となって、古くから言い伝えられる簡潔な文章ですから、非科学的であっても、真を突いていることが多いですよね。

じつは、ストロークも、諺が教えてくれています。

老子曰く
「足るを知る者は富み、強めて行う者は志有り」

意味は

「分相応で満ち足りる人は、心が富んで豊か

であり、分相応で満足しようと努める人は、こころざしがある人」

ということ。もうちょっと詳しく解説しますと(筆者は老子じゃありませんが(笑)




満足には、金(経済的満足)と、心(精神的満足)の二つがあります。

一方の心、つまり、精神的な豊かさは、

「どれだけ持って満足するか?」

ではなく、

「どれだけ持たずに満足できるか?」

その知恵や工夫があるかどうか?ということです。

どれだけ持ったって、欲に際限はありませんからね。





まだ分かりにくい?

では、例を変えましょう。

たとえば、
「給料が安い」
という不平不満を、一度は耳にしたことがあるでしょう。

けれども、

「給料が高い」
という不平不満は、聞いたことがありませんよね?

だったら、給料が安いと文句を言う前に、その額で、

満足しようと努力できませんか?


それがイヤなら、

なぜ、高くしようとしないんですか?


って話です。

「高くしようとしたって、高くできない」

という意見もありましょう。

さもありなん。

日本の99.7%は中小企業ですし、うち87%が小企業です。

中小企業の経営は、給料を払うのも大変です。

たとえ儲かっていても、ですよ?現金と売掛は別ですから。

だったら、安いと文句をタレる前に、社内で経営者と顔を合わせることがある中小企業ならば、

「社長。毎月キチンと給料を払ってくれて、ありがとうございます」

と御礼しては如何でしょう?10秒で済みます。

毎月の給料がキチンと出るのって、もらう側からすれば当然かも知れませんが、払う側からすると、意外と大変なことなんです。

だから、そう御礼されたら

「経営の苦労を分ってくれる」

と、きっと嬉しいと思いますよ。私は言われたことありませんが(苦笑)

その一言から、社内の活性化が始まり、企業価値が高まり、給料の高い会社へ生まれ変わる。そんなモンですって。

まずは

感謝の一言

から。

それが「足るを知る者は富む」ということです。